2017. 06. 21  
今年も無事見つけることが出来たクモキリソウ、前年見つけた場所に出てこないから見つけるのは行き当たりばったりです、ここも初めての場所。
クモキリソウ

花の数は少ないですが問題なし、蕾の頃とまるで姿が違います。
クモキリソウ

ラン科の花は千差万別ですがこれも面白い姿をしている、正面カールしているのが唇弁、右下線状に見えているのが側花弁、他は萼片です。
クモキリソウ

蕊柱に黄色く見えているのが花粉塊、その上部蓋のようなものの内側に花粉塊を収めるような窪みがあります。
クモキリソウ

花粉塊は2個、無駄にならないようまとめて昆虫に付けます。
クモキリソウ

基部に偽球茎、初めてみました。
クモキリソウ

右側に伸びているのは去年の茎のようです、ここは2年連続で咲いたのか。
クモキリソウ

昨年の果実も残っていました、中は空っぽですけどね。
クモキリソウ

ラン科クモキリソウ属

(6月10日撮影)
NEXT Entry
ヒメクロオトシブミ
NEW Topics
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
ギンリョウソウモドキ
キクアザミ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
偽球茎は初めての言葉、検索しました。
房総の山で一回と友人の裏山で一回見ました。
この花を知っていないと歩いていても見落とします。
友人のおかげでわかりました。
komakua2tさんへ
名前は知っていましたが実物を見るのは初めてでした。
偽とつくと偽物のようでちょっといただけない名前ですね。
一人で歩くよりは二人の方が花を見つける可能性が高まりますね。
一人だとどうしても道の片側に注意が行くので反対側に咲いていても見逃すことがあります。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR