タイトル画像

イソノキ

2017.06.22(07:01) 8945

林道を歩いていると割と見かけるイソノキ、しかし山地に生えるのになんで磯の木なんだ。
イソノキ

花は超地味な上に殆ど開きません、外側に見えているのは萼片
イソノキ

真上から見ると3裂した柱頭が見えています、これだけ撮れれば上出来
イソノキ

萼片を半分取り除いてみました、萼片の半分くらいの長さの雌しべ、それより少し長い雄しべが分かります。上下に白っぽく見えているのが多分花弁
イソノキ

蜜が溢れている、子房が赤っぽい、花柱や花糸が結構太い
イソノキ

葉は互生で長楕円形、浅い鋸歯があり先端が尖る
イソノキ

クロウメモドキ科イソノキ属

(6月10日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
<<ムヨウラン | ホームへ | ヒメクロオトシブミ>>
コメント
山にあるのに磯の木ですか。当方では見たことがありません。クロウメモドキ科はナツメやケンポナシ、クマヤナギなどが仲間でしたね。当地ではあまり個体数は多くないです。
【2017/06/22 12:26】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
多摩NTの住人さんへ
語源は不明みたいですね。
磯の漢字は関係なく当て字的なものかもしれませんね。
イソノキは花が超地味な割にはあちこちで見ているから結構あるのかもしれません。
【2017/06/22 20:10】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
雄しべも雌しべも揃っていますね (^O^)

先日のイソノキは海岸に近いところだったので「磯の木」でもふ~んと思っていましたが
今日は500~600mの山の中で見ました。
きっと当て字なんでしょうね !
【2017/06/22 21:31】 | edelweice #UGr4nkYc | [edit]
edelweiceさんへ
柱頭は上から覗けば何とかわかりますが雄しべは分かりにくいですね。
こうやって開いてみると雄しべもしっかり機能しているようです。

海岸近くで見ましたか、それなら磯の木で納得しそうだけど私は山の中ばかりです。
最初に見たのは地元の自然公園でした、海岸に近いと言えないこともないけどやはり山の中だよね。
磯は別の言葉が変化してきたんでしょうね。
【2017/06/22 21:57】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する