2017. 06. 30  
湿っぽい林内に咲いていたオオハンゲ、ハンゲとはカラスビシャクのこと、こちらは日当たりのよい草地などに生えます、今年はまだ見かけてないな
オオハンゲ

仏炎苞から長く突き出た付属体、不思議な姿です、別属だけどナンゴクウラシマソウも同様の付属体を持つ、属を越えて何か利点があるんでしょうか
オオハンゲ

こちらは葉がまだ十分展開していないのに花を咲かせている、葉が展開しているのに花を咲かせていない株もあったしどのような条件の時開花させるんでしょうね
オオハンゲ

仏炎苞の先端、カラスビシャクは付属体を抱きますがこちらは半分抱く程度です
オオハンゲ

仏炎苞基部、上から入った昆虫はここから出ていくんでしょうか、マムシグサは雌花の場合ここが閉じていますがこちらは雌雄異花なのでその必要はないかもね
オオハンゲ

まだ開いていない花、でも付属体は伸びてきています
オオハンゲ

これでも単葉で3深裂、カラスビシャクの葉も似ていますがあちらは複葉3小葉
オオハンゲ

普段ならこの岩に多く生えていたのだが今年は僅か、花も咲いていなかった
オオハンゲ

展開前の葉、これで5cmくらい
オオハンゲ

サトイモ科ハンゲ属

(6月22日撮影)
NEXT Entry
ネバリノミノツヅリ
NEW Topics
ヒメジソ(紅葉)
野菊(冠毛)
ニョイスミレ
ウメバチソウその2
ムラサキサギゴケ
ヒゲコスミレ
ツタバウンラン
カワラスガナ
コムラサキ(果実)
サツマイナモリ
ツルグミ
ホトケノザ
シマカンギク
アワコガネギク
ヤマラッキョウ
ラッキョウ
キッコウハグマ
ヤサカブシ
センブリ
カタバミ(4弁)
Entry TAG
秋吉台  
Comment
庭にもカラスビシャクがたくさん顔を出します。
最初、名前がわからずあちこち花のブログを歩きました。
5cmぐらいの大きさなのに付属体は伸びてきています。
ひょろひょろしているのは付属体というのですね。

komakua2tさんへ
カラスビシャクは普通に見られる野草みたいですね。
でも私にとっては探し回る花、前年見ていた場所に出てこないんですよ。
付属体は一番厄介な名勝かと思う
ホタルブクロの萼片の反り返りだって付属体ですからね、何処に共通点があるのか。
明日もまた付属体が出てくるよ。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR