タイトル画像

ナンテン

2017.07.01(07:00) 8975

山野でよく見かけるナンテン、中国原産で日本で見られるのは栽培が逸出したもので自生はまず見られないそうです
ナンテン

冬の縁起物に使うし赤い果実は晩秋になるから冬のイメージがありますが花は初夏の頃咲きます、蕾が多くて一斉には咲かないようです
ナンテン

花被片は大きく反り返り雄しべが花弁代わり
ナンテン

雄しべも花糸はごく短くほぼ葯だけ、花粉が外側についているから外に向かって開いているようです、これも自家受粉を避ける工夫でしょうね
ナンテン

細長い子房と短い花柱、柱頭が全体で徳利型
ナンテン

3回奇数羽状複葉
ナンテン

メギ科ナンテン属

(6月22日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<イワガラミ | ホームへ | ネバリノミノツヅリ>>
コメント
ナンテンはよく増えます。
花をこんな近くで見たことがないです。
前にあまりにも増えすぎてカット。
何本もあったので。。。そういえばナンテンの
はしがあると聞いたことがあるわ。。と
短くカットしてみたが。。。
かたい。。途中で捨てました。
【2017/07/02 06:19】 | komakua2t #- | [edit]
komakua2tさんへ
ナンテンは増えますね。
栽培種が逸出することはよくありますが大抵は人間社会の近く
でもナンテンは山の中でも見かけるから繁殖力が強いんでしょうね。
ナンテンの箸ですか、縁起物に使えそう。
でも枝はそれ程太くないから1本からはあまり数がとれないかな。
【2017/07/02 07:43】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する