タイトル画像

アカメガシワ

2017.07.05(07:00) 8992

ごく普通に見られるアカメガシワ、若葉の頃真っ赤になるので幼木でも分かりやすい、雌雄異株でこれは雄株
アカメガシワ(雄花)

花序軸の基部で枝分かれして円錐花序をなす
アカメガシワ(雄花)

多数の雄しべ、まるで蕾が破裂したようです、花弁はなく萼片
アカメガシワ(雄花)

こちらは別の場所の雌株、雄株よりは数が少ないがなにせ全体の数が多いから探すのも困難ではない、雄株に比べて少し遅れて花を咲かせる、1枚目の側にも雌株があったのですが全く花を咲かせていなかった
アカメガシワ(雌花)

雄花とは全く違った姿ですが基部で枝分かれしているなど基本構造は同じです
アカメガシワ(雌花)

花柱は3本、乳頭状突起が密生する
アカメガシワ(雌花)

萼片が反り返っている、子房に棘状の突起があるそうです
アカメガシワ(雌花)

葉は互生で卵形または広卵形、時に3浅裂する、先端が尖る
アカメガシワ葉

トウダイグサ科アカメガシワ属

(6月22日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ムクロジ | ホームへ | ネムノキ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する