タイトル画像

ノチドメ

2017.07.07(07:00) 8999

道端で葉を広げていたノチドメ
ノチドメ

他の仲間と比べて葉の裂け方が大きく基部もV字型に開いているので区別しやすい
ノチドメ

葉腋から花柄を伸ばして花を咲かせるが葉の上に出ることはありません
ノチドメ

その分屈んで花を確認する必要があるのでちと面倒、オオチドメは葉の上に花を咲かせるので立ったままで確認できます、やはり立ったままで確認出来るかどうかで花を探す効率が随分違います
ノチドメ

花の大きさは2,3mm、雄しべは5本、柱頭が2本見えている、これは随分赤いけどそれ程でないこともあります
ノチドメ

花被片が落ちて子房が膨らみ始めているのもあります、蟹の目玉のような花柱が残っている
ノチドメ

ウコギ科チドメグサ属

(6月27日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<アゼナ | ホームへ | イヌタデ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する