タイトル画像

シロバナサクラタデ

2017.08.07(07:00) 9096

田圃脇に咲いていたシロバナサクラタデ、右下にクサネムが見えていますが前記事と同じ場所です
シロバナサクラタデ

花をミッシリ咲かせている、これは多すぎ
シロバナサクラタデ

雌しべが突き出た長花柱花、雄しべは花被片から出ていません、シロバナサクラタデは何ヶ所かで見ていますが長花柱花はここだけで見ています
シロバナサクラタデ

正面から見るとピンク色の葯を持った雄しべが見えています
シロバナサクラタデ

右側のは花後でしょうか、まだ雌しべが突き出ている
シロバナサクラタデ
(7月30日撮影)

こちらは後日別の場所、ここも田圃脇ですが背後はずっと休耕田、今年はヒマワリが植えられていた
シロバナサクラタデ

雄しべが突き出た短花柱花、雌しべは見えていません、この葯は白色ですね
シロバナサクラタデ

正面から見ると2岐した花柱が見えています、雌雄異株と書かれていることもありますが昨年この場所で果実を見ているので雄花でないことは確か
シロバナサクラタデ

披針形の葉、斑紋はない
シロバナサクラタデ

托葉鞘には筒部の1/2程の毛がある
シロバナサクラタデ
(8月3日撮影)

タデ科イヌタデ属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ナンゴクヒメミソハギ | ホームへ | クサネム>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する