2017. 08. 08  
山道沿いに咲いているヒキヨモギ、半寄生植物ですがお相手は誰でしょう、台地上あちこちで見られるしやはりササの仲間の可能性が高そう
ヒキヨモギ

上部で枝分かれし次々と花を咲かせます、結構花期が長く秋頃まで見られます
ヒキヨモギ

異形の姿だけどこれでも在来種、外来種のセイヨウヒキヨモギがあるようです、萼筒が長く先端が5裂その先に黄色い花を咲かせる、長い苞葉があるようです
ヒキヨモギ

下唇は2裂、中央に突起を連ねたような膨らみが有る、上唇は外側は長毛が生え内側は赤い
ヒキヨモギ

上唇先端から僅かに柱頭が覗いている
ヒキヨモギ

上唇内側に雄しべが見えています、長短2組ずつあるそうで訪問した昆虫の背中に花粉を振りかけるようです
ヒキヨモギ

葉は細かく裂けこれがヨモギに似ているからこの名前でしょうがヒキはどこから来たんでしょう
ヒキヨモギ

ハマウツボ科ヒキヨモギ属

(7月30日撮影)
NEXT Entry
ヒオウギ
NEW Topics
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
ヒキヨモギは今頃が花期でしたか。以前、当地で一度だけ見たことがありましたが、その後、消滅して今では見られません。あちこち探しているのですが、なかなか見つかりません。
こんばんわ。

オオヒキヨモギならよく見ますがこのヒキヨモギは未見でした。
”オオ”とつかないのに こんなに草丈が大きい~。
逆に”オオヒキヨモギ”は崖地に咲いてぜんぜん雰囲気が違うんですね。
ヒキヨモギの葉って ヨモギにそっくりだから納得ですが”オオ”はなんでネーミングがそうなったのか不思議。こちらはまだ咲いていないかも。
いろいろ拝見している開花時期、そちらとこちら1ヶ月半ぐらい差があるみたい♪
多摩NTの住人さんへ
ヒキヨモギは台地上では決して多くはないですが割と全域で見られるので長く歩いていると大抵見つかります。
とは言ってもこのコース2時間歩いて見つかったのはこの一株だけですが。
stellaさんへ
外来種のセイヨウヒキヨモギは知っていましたがオオヒキヨモギは知りませんでした。
検索してみると花は多少似ていますが全体の雰囲気はまるで違いますね。
全国的には絶滅危惧種になっているのにそちらでは普通に見られるんですね。
それはともかくヒキヨモギが見られないというのが不思議、競合するので追い出したんでしょうか。
オオと言っても何がオオなのか分かりませんね。
ニワゼキショウとオオニワゼキショウだってオオの方が花は小さいもんな(^^;)
Aという植物に似ているからBAと名付け次にBAに似ているからとCBAと名付けたりするともう元のAとは似なくなるなんてこともありますよね。
(具体例が思い出せないけど(^^;)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR