2018. 02. 16  
2年ぶりに来てみたセリバオウレン、ここはわざわざ車で来てもほぼこれしか見られないので序ででもないとなかなか来れません。
セリバオウレン

林の中に咲いている、先日降った雪がまだあちこちに残っていて寒かった。何時もなら1月から咲き始めますが今年は寒いせいかまだこれからのようです。
セリバオウレン

ほぼ真っ白な花、僅かにピンク色がかっているのが純粋に真っ白より優しげに見えます。
セリバオウレン

葉がリング状に広がり中央部に花を咲かせているのがありました、こんなのはこれだけ、見栄えしているけどなんでこうなった。
セリバオウレン

木漏れ日が当たって更に優雅でした。
セリバオウレン

雌雄異株ですが純粋な雌花は極少ないようでこれは両性花、周りに見えているのは萼片で内側に小さく見えているのが花弁で10枚
セリバオウレン

中央部密集した雄しべの中に緑色の雌しべが見えています。
セリバオウレン

こちらは雄しべだけの雄花、雑味のような雌しべがない分、こちらの方が華やかに見えます。
セリバオウレン

花の裏側、一見萼片に相当するのが無くて大きな花弁のように見えているのが萼片だと分かります。
セリバオウレン

2回3出複葉、小葉も細かく裂けるので3回3出のようにも見えます。
セリバオウレン

キンポウゲ科オウレン属

(2月14日撮影)
2018. 02. 15  
すっかり綿毛となったツルカノコソウ、これはもう果実期としても終わりの頃で花序も伸びて間遠くなっています。
ツルカノコソウ(果実)

花後、果実の上に環状になっているのは萼の内側に巻き込まれた冠毛
ツルカノコソウ(果実)

広がった冠毛、枝毛が多い。
ツルカノコソウ(果実)

冠毛は萼が変化したものだから毛が生えていてもおかしくないけどね、基部は合着している。
ツルカノコソウ(果実)

これは種子ではなく果実、長さ2mm程、隆起線が3本入る。
ツルカノコソウ(果実)

反対側は隆起線が1本だけ。
ツルカノコソウ(果実)

スイカズラ科カノコソウ属

(6月10日撮影)
2018. 02. 14  
花の時でも苞が大きいので果実のように見えるコモチナデシコ
コモチナデシコ(果実)

こちらは花が終わった果実期、複数の花が咲いていたようです、上部が開いて種子をばら撒いたようだ。
コモチナデシコ(果実)

種子の数は意外と少なかった。
コモチナデシコ(種子)

片側は窪み反対側は細かな突起がある。参考サイト→http://www.juno.dti.ne.jp/~skknari/inukomoti-nadesiko.htm
コモチナデシコ(種子)

参考サイトによると、イヌコモチナデシコ:洋梨形で円すい状突起、ミチバタナデシコ:盾形で細かいこぶ状隆起、コモチナデシコ:盾形でち密な網目状隆起、説明だけ見ると瘤状隆起、網目状隆起の違いがよくわからないけど写真を見るとこれは瘤状、ひょっとしてミチバタナデシコかな、今年更に観察してみなくては。
コモチナデシコ(種子)

ナデシコ科コモチナデシコ属

(6月10日撮影)
2018. 02. 13  
綺麗な花を咲かせているヒナギキョウ、花が咲いていると果実を探す気になれませんがもう果実も沢山なっています。
ヒナギキョウ(果実)

萼片が残っている果実、長さは1cm程、上部が開いていて風が吹く事で揺れて種子をばらまくようです。
ヒナギキョウ(果実)

内部は3室に分かれています、柱頭が3岐しているのに対応
ヒナギキョウ(果実)

非常に細かな種子
ヒナギキョウ(種子)

楕円形の種子は大きさ0.5mm程度、艷やかで綺麗でした。
ヒナギキョウ(種子)

扁平なのがわかります、線状の模様があるそうですが流石に無理。
ヒナギキョウ(種子)

おまけ、ヒナギキョウとニワゼキショウ種子比較、ニワゼキショウも大きさ1mm程度なんですがこうやって比較すると随分大きく見えます(笑)
ヒナギキョウ・ニワゼキショウ(種子)

キキョウ科ヒナギキョウ属

(6月15日撮影)
2018. 02. 12  
すっかり少なくなっているイヌノフグリですが我が家の近所ではあちこちで見ることが出来るので探してみました。
石垣の割れ目に生えていた、ここは我が家から十数mの距離、前から知っていたけど他の場所のが早く咲くのでここで撮ったことはなかったな。
イヌノフグリ

葉だけでもほぼ判別できますが(ほぼ雰囲気だけですが)花が咲いているとより確実、大きさなどフラサバソウと似ていますがイヌノフグリの方が赤っぽい。
イヌノフグリ

すぐ側に2株、葉が紅くなっている。これは前日には花が咲いていたけどこの日は咲いてなかった。左側緑色の葉は多分ホトケノザ。
イヌノフグリ

更に今まで確認していなかった株、花は咲いてないけどまず確実、我が家の玄関から7,8m!
イヌノフグリ

別の場所、小さな花壇の中に生えていた、これも花が咲いていないけどほぼ確実かな。以前この側の舗装の割れ目に生えていたけどそれは見られなくなっていた。
イヌノフグリ

ここも以前よくアップしていた場所、でも生えていた場所は整地されたのかすっかり見かけなくなっていた、1月来た時は芽生えが見られたのにな。これはそのすぐ近くに沢山生えていた、多分確実だけど花を確認しなくては。
イヌノフグリ

最後は今年1月咲いていた場所、やはり」ここが一番多く、花も随分咲いていた。
イヌノフグリ

ここも葉が紅くなっているのが多かった。
イヌノフグリ

デジカメ向きの小さな花、滅びゆくものの美しさでしょうか。
イヌノフグリ

4枚の花弁は1枚だけ色が濃い、オオイヌノフグリと同じですがオオイヌの方は大抵それが下側になりますがこちらはそうでもなさそうです。因みに初めて見つけた場所は今では見られなくなっているし前の場所もすっかり少なくなっているのでここも油断出来ません。
イヌノフグリ

オオバコ科クワガタソウ属

(2月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR